引締まった肌を目指す

肌がたるんでいる時は、肌の中のコラーゲンが無くなってきている時だと言われてます。
私の肌の中のコラーゲンもだんだん無くなっているみたいです!
ほうれい線を消す化粧品を購入して針を出したいのですが、
ビタミンCが入った化粧品を購入したと子肌にはちょっと合っていないようで、肌荒れした事がありました。
そこで色々調べたところ、違う成分でも肌の中にコラーゲンをつくってくれる成分があってコラーゲンを作り出してくれる成分がある事が解ったので、
そのような化粧品を買うことに決めたんです。
今まで買ってきた化粧品はちょっと肌に強いものが多かったのか、自分に合わなくて肌が赤くなることが多くて、全部使えずにそのまま置きっぱなしという事が多いです。
結局それをそのまま捨ててしまうということもたくさんあります。
なので、これからは自分に合うものを購入したいと思っています。
また、肌がたるんでいる時は、ストレッチ名でも効果的ですよね。私は毎日継続的にすることって得意ではないです。
でも、肌が綺麗になるのなら、一日15分と決めてそれだけはしっかりやっていこうかなと思っています。

肌トラブルを引き起こす

化粧品に含まれる化学薬品の中にはアレルギーや肌に障害を起こしたことのある成分がたくさんあります。
その中でも厚生省が特に注意を促している成分を「表示指定成分」と指定していて平成13年4月から化粧品の容器や外箱に表示する脳に義務付けていました。
この、「表示指定成分」は肌に最もトラブルを起こしやすい為、特に注意をしなくてはいけません。
肌荒れ、乾燥、湿疹やお肌に障害がある方、そうでは無くても上記成分を使用するとお肌に成分が蓄積し有害になることが認められているのです。
それと同じように、紫外線が肌にとって有害であることは認められていますが、紫外線を浴びるとお肌が乾燥肌 敏感肌やシミやシワが増えてしまいます。
最悪の時には皮膚がんにまで発展してしまいます。肌にとって良い事は、有害な成分が入った化粧品を使わない事ですが、その化粧品を作るメーカーは全ての成分を表示してほしいものです。